ことりのエコ生活

マイはし

マイはしとは

近年、ロハスやスローライフといったライフスタイルが浸透してきています。 これは、これまでの効率重視、大量生産・大量廃棄の使い捨て社会を反省し、 環境や健康に目を向けて、地域でとれる安全な食べ物を食べたり、時間をかけて丁寧に手作りをするなどのことを無理なく続けていきましょう、というライフスタイルです。
マイ箸運動もそのうちの一つです。一度使ってゴミになってしまう割り箸を使わず、洗って何度も使えるマイ箸を持ち歩くことで、ゴミを減らし、地球の環境破壊を少しでも止めようというエコな運動です。
また、お気に入りのお箸を持ち歩く、手作りの箸袋を作ってみる、といったことも、食事を楽しくしたり、手作りの楽しさを知るスローなライフスタイルの一環でもありますね。

いろいろなマイ箸はこちら

※種類も豊富な楽天市場の商品一覧をご覧になれます。

例えば、学校やオフィスで、買ってきたお弁当などを食べる時にわりばしを使いますね。レストランやラーメン屋さんなど、外でお食事するときも、割り箸を使う方が多いでしょう。
でも、わりばしはごみを増やしてしまう使い捨て商品です。
一度使っただけで、ごみとして捨てられ、捨てられたわりばしは燃やされ地球温暖化の原因となる二酸化炭素を排出します。
また、わりばしの原材料は木材です。
割り箸の中には、森を育てる間伐材を使っているわりばしもあります。しかし、国産の間伐材を使ったわりばしはコストが高く、飲食店に置いてあるものなど市場に出回っている割り箸の大半は中国などの外国産の安い木材を利用したものです。安い外国産材の割り箸は、海外の貴重な森林を伐採して作られているのが現状で、森林減少、環境破壊の一因となっています。
使い捨ての割り箸を作るために、大切な地球の森林を伐採するということは、ほんとうにもったいないことです。<
世界の森林をこれ以上減らさないためにもわりばしの使用をできるだけ減らしたいですね。
マイ箸を持ち歩くことにより、こうした使い捨ての割り箸の使用を減らすことができます。お気に入りのお箸を持ち歩き、小さなエコ活動をしてみましょう。


エコなお箸

外出先で食事をするときにわりばしを使わないためには、マイ箸を毎日持ち歩くことが必要です。
最近は、マイ箸を持ち歩く人も増えてきたこともあって、携帯しやすいコンパクトな商品も出ています。
お化粧道具など、常にバッグの中に入っているものと同じように、携帯用のお箸も入れておくようにしてみましょう。
マイ箸には、アウトドアにも最適な、軽くて機能性抜群のものもありますし、かわいいデザインのマイはしもあります。
また、フェアトレードのマイ箸や、マイ箸ホルダー(箸袋)といったものもあります。フェアトレードは地球に優しい国際協力ですので、フェアトレードのマイ箸を手に入れることそのものが地球に優しい行動になります。例えば、フェアトレードのマイ箸ホルダーはコットン100%のインドの製品で、環境にも配慮されたものになっています。
また、最近は、環境保護の観点をもった企業も増えてきており、マイはしを持っていくと割引をしてくれる飲食店なども出てきていますので、マイはしをもってそういったお店にも出かけてみましょう。
突然行くことになった飲食店で、マイ箸持参の方は割引、なんていうこともあったりしますので、常にマイ箸を持ち歩くようにしておくと、地球に優しいだけではなく、お財布にも優しいですよ☆

環境にやさしいマイ箸はこちら

※いろいろなお箸がある楽天市場の商品一覧をご覧になれます。


割り箸を使うならアドばしを

アドバシという言葉をご存じですか?
アドは、アドバタイズメント(advertisement)、広告のことです。
アドバシは、割り箸を作るために木を切るのではなく、国産の間伐材や端材などを有効利用して作られた割り箸を普及させるために作られたシステムです。
間伐は森林を育てるために必要な作業ですので、こうした割り箸が売れることは、結果的に間伐にかかる経費の足しになり、国内の森を育てることにつながります。
しかし、国産の割り箸は外国産のものと比べて、値段が倍以上してしまい、飲食店やコンビニなど割り箸を大量に使うところではやはり安価な割り箸を使ってしまいます。
そこで、こうした費用面の問題を解決するために登場したのが、アドバシなのです。
箸袋を広告媒体として利用し、スポンサーから得た広告収入を国産材割り箸の製造費にあてることで、外国産の安い割り箸と変わらない価格で提供できるという仕組みです。
これから割り箸を見かけたら、箸袋にも注目してみましょう。
広告が書いてあったらそれはアドバシかもしれません。
こうして、国産の間伐材などを有効利用して作られた割り箸が普及することで、国内の森を育て、外国の森を守ることにつながります。
世界の森林減少をとめるためにも、割り箸を使うなら、間伐材を利用したアドばしを使うようにしましょう。

HOME

©2015 ことりのエコ生活. All Rights Reserved.